フェレットは想像を超えてる動物だと感じた。

私は動物全般好きだが、犬が一番好きだと思い込んでいたし言い続けてきた。

だが、フェレットと生活を始めると
「好きな動物は?」と聞かれたら
迷わず「フェレット!!!」と叫ぶだろう。

なぜって?

・手から飽きずにエサを食べてくる。
・生意気に肉球がある。
・四六時中ハンモックで寝ている。
・週一度の耳掃除は爽快極まりない。
・暑いとお腹を出しておやじみたいに寝る。
・猫掴みをされると服従する。
・ちょっぴり見える牙が萌える。
・ちょっぴり見えるベロがペロペロする。
・足が人間の体の一部と認識していないらしく、足に攻撃を仕掛けてくる。
・猫以上にじゃれる。
・人間の手にもじゃれる。
・声が出ないのでおとなしい。
・声が出ないが、どこからか「クククク。。。」と音を出す。
・うんちする姿に萌える。
・1か月たつと体が凄い匂いになる。
・梅雨時期は体が常に凄い匂いになる。
・その体の匂いに萌える。
・顔をずーっと見ていても目をそらさないでくれる。
・赤ちゃんの時にめちゃくちゃかまれる。
・手が血まみれ事件になるときもある。
・カミカミマシーンだった子が、甘噛みになり
・甘噛みがペロペロになり
・腕の中で寝てくれるようになる。

・そしてそんなフェレットに、人間は萌える。

いかがだったでしょうか。
フェレットって
想像以上にかわいい動物でしょ?産後ダイエット 酵素

水素や炭素などの語源に関しまして勉強した

語源などに対して学業しました。水素(H)の語源は水をつくるグッズについてから塗り付けられました。炭素(C)の語源は、木炭(Carbo)から押し付けられました。窒素(N)の語源は、硝石を生まれるグッズから擦り込みられました。酸素(O)の語源は、酸をつくるグッズについてから擦り込みられました。硫黄(S)の語源は、火のもとの目的から擦り込みられました。塩素(Cl)の語源は、黄緑(塩素の色合い)についてからつけられました。ナトリウム(Na)の語源は、炭酸ナトリウム(Natron)から垂らしられました。マグネシウム(Mg)の語源は、地名のマグネシアからつけられました。カルシウム(Ca)の語源は、ラテン語の石灰(Calx)から塗り付けられました。アルミニウム(Al)の語源は、ミョウバン(Alum)からつけられました。このことを学業しましたが、知らないことを知れて良かったです。シースリー 脱毛

仕事の後にお買物、そして大好きなミスドも

今日も朝からお天気、気分のよい日でした。

今日は仕事が上がってから、お買物に行ってきました。
スーパーで日用品や食品を買うだけですが、気分が上がります。
私は人一倍、スーパーでのお買物が好きなようです。

帰りにミスタードーナツに寄って、ドーナツを3個ほど買いました。
私は1日1個ほどドーナツを食べます。
日によっては1日2個のこともあります。
それ以上は食べられないのが悲しいです、さすがに胃が痛くなります。
数年前までは1日3個くらい軽かったのに…。
あー、もっと食べたーい!
いつも文句を言いつつ、おいしくドーナツを食べます。

ミスドのお店に行くと毎回、困ることがあります。
お店のショーケースを見ていると、全種類を買いたくなってしまうことです。
あと、大きな長方形の箱に入った、福袋状態のあのボックスを買いたくなってしまいます。
あのボックスは、ドーナツが7〜8個くらい入っているはずです。
でも一人では、どう見ても食べきれません。
あのボックス買って、思いきり食べたーい!
ミスドに行く度に、そんな胃もたれしそうなことを考えてしまいます。銀行カードローン 金利

化学変化を使って目玉焼きをつくる方法などを勉強

化学変化について勉強をしました。化学変化を使って目玉焼きをつくることができます。ガラスのコップを型にして、アルミニウムはくで容器をつくります。容器の中に卵を割り入れます。容器を酸化カルシウムを入れたビーカーの中に入れます。酸化カルシウムに水をかけるとゆげがでます。しばらくしたら、容器を取り出します。次は、化学変化によるいろいろな発熱反応と吸熱反応についてです。木炭は、熱や光を出しながら燃焼します。これは、発熱反応です。うすい塩酸と水酸化ナトリウム水溶液を混ぜて中和すると、水と塩化ナトリウムができ、温度が上がります。これは発熱反応です。炭酸水素ナトリウム水溶液と硫酸アルミニウム水溶液を混ぜると多量の泡(二酸化炭素)をだし、温度が下がります。これは、吸熱反応です。消火器の原理と同じです。このようなことを勉強してきましたが、知らなかったことが多かったので時間があるときに、復習したいなと思いました。カード ローン 審査 比較

小学生のときに出会った「スターガール」という本について

私が小学校6年生のときに、ある友人のお父さんが私に本をプレゼントしてくれました。それが「スターガール」でした。本をもらったことは初めてで小さいながらも何か意味があるのかなと感じていました。開けてみると「スターガール」。聞いたことがないなと思いながらもとにかく読んでみることにしました。内容は海外の学生の恋愛のお話でした。すごく変わっている女の子とごく普通の男の子の恋愛でした。変わっていることを受け入れられないが好きになってしまった男の子は女の子に「普通になってほしい」と言います。女の子は自分が変わっていることに誇りを持っている反面、男の子に嫌われたくないという気持ちもあり、普通に振舞おうと努力します。しかしそれは上手くいきませんでした。しかしそのときに男の子は気づきました、「普通」であることがいいとは限らないし、彼女が彼女らしく振舞っているときが彼自身も彼女と過ごして幸せな時間なのだと。小学生の私はその本を読んで衝撃を受けました。道徳の授業などで個性を大切にと言われながらも、変わっていることはダメだと心のどこかで思っていたのかもしれません。キャッシング 金利 比較